fukabori.fm

技術などを深掘りして楽しむPodcastです。

27. 論理削除とは何か?どのような解法があるのか? w/ twada

2020年03月02日

MP3ファイルをダウンロード

内容紹介

twadaさんをゲストに、RDBにおける論理削除や、その解決方法について語っていただいたエピソードです。

出演者

iwashi
iwashi
twada
twada

話したネタ

  • 論理削除とはそもそも何か?
  • 物理削除とは?
  • なぜ、論理削除が生まれてくるのか?
  • SQLアンチパターン 幻の第26章「とりあえず削除フラグ」
  • 理由1: 心理的なハードルの高さ、怖さがある
  • 理由2: 削除したデータを検索対象に入れたい場合がある
  • 理由3: ログとしての用途
  • 理由4: 誤操作をすぐに戻したい
  • アンチパターンとは何か?
  • なぜ、論理削除はアンチパターンとして捉えられるのか?
  • 全てのSQL文のWHERE句に削除フラグが必ず入る
  • LIMIT 1などが蔓延していく
  • 論理削除に気づくきっかけは何か?
  • テーブル設計や、規約から気づく
  • 論理削除というアンチパターンをどのように解いていくか?
  • 論理削除という概念は世の中にまずなく、お客様は論理削除という言葉を使っていない
  • 要件をどのように設計すればいいのか?
  • ORMの論理削除プラグインはあまり良くない
  • 状態遷移として捉える方法
  • Soft Delete と Hard Delete
  • Doctrine 2 “Behaviours” in a Nutshell
  • RDBにおけるStateパターンとは?
  • UMLにある状態遷移図
  • Stateパターンが使えないケースはある?
  • FSM - Finite State Machine
  • State Machineのプラグインをまず探す
  • AASM - Ruby state machines
  • 履歴テーブルを使った設計による解法
  • 履歴テーブルをあえて使う強いモチベーションは何か?
  • そもそも削除も更新もしない解法もある
  • 発生した事実に忠実にモデリングすると、情報の削除や更新をしない、改ざんになる
  • データ中心アプローチ(DOA) 椿さんとか佐藤さんとか渡辺さんとか
  • T字形ER手法
  • データ量が増えた場合にどうするか?
  • Webシステムが流行る前後のデータ量
  • イミュータブルデータモデル(入門編)
  • 誤った操作をなかったことにしたい、という課題はまだ解けていない
  • 教科書的なのは間違えにくいUI/画面設計を作る
  • 遅延レプリケーションという解法