Fukabori.fm

技術を深掘りして楽しむPodcastです。

13. ペアプロやテストの疑問とか、ソフトウェアエンジニアの育成とか

2019年02月27日

MP3ファイルをダウンロード

内容紹介

twadaさんをゲストに、ペアプロやソフトウェアテストの疑問、エンジニア組織の内製化、ソフトウェアエンジニアの育成などについて語っていただいたエピソードです。

出演者

iwashi
iwashi
twada
twada

話したネタ

  • ペアプロにおけるビギナーとベテランの組み合わせ3パターンについて
  • ビギナーとビギナーの組み合わせで効果はあまり期待できない(チームビルディングでは意味がある)
  • ベテランとベテランは、一番効果を発揮するペアである
  • 意思決定をライブでできる重要性
  • 設計上の妥協点をその場で合意できる
  • ビギナーとベテランで、ビギナーはナビゲーターをするのか?
  • コードを書いてるところを見てもらうのは大事なプラクティス
  • ベテランもプレッシャーを持ってコードを書ける
  • 見られているだけでコードの質は高まる
  • リアルタイムでないコードレビューがあるだけで、コードの質は高まる
  • コードレビューのインフラに投資する
  • 流しのペアプロ業をする中で、ドメイン知識がない状態でペアプロへ参加して価値をだせるか?
  • 一番の学びは教えることから発生する
  • 相手から、相手自身の学びを引き出す
  • チームの暗黙知を、暗黙知のまま伝える、強化していく
  • テストを書く場合に、RDBやKVSなどをどこまでモック/スタブするのか?
  • ノートPCにインストールできるものは本物を使い、入らないものはモック/スタブを使う
  • プライベート関数はテストするのか?
  • 技術的には、プライベート関数のテストはパブリック関数からテストできる
  • プライベートの実装に基づいたテストは脆い、現状追認のテストになりがち
  • フロントエンドのテストはどこまで書けばいいのか?
  • 書くけど、書きすぎない
  • 画面の構造が変わっても、影響にされにくいものをテストする
  • ビジュアルリグレッションテスト
  • 魑魅魍魎のUIの世界
  • テストのカバレッジ、どの程度まで書けばいいのか?
  • ユニットテストを含めて、グレーボックス・ブラックボックスの観点から書くのが望ましい
  • カバレッジは何らかの管理の道具にすると、うまく回らない
  • 不具合は思い違いから発生する
  • カバレッジ100%は誤った安心感を与えがち
  • カバレッジツールは自分達の見落とし・過信を見つけるために使う
  • カバレッジを絶対値ではなく傾きでみる
  • CIではテストの成功/失敗だけではなく、カバレッジやコードの複雑度を取る
  • バグ収束曲線は、現代の開発ではFitしないことのが多い
  • 品質指標の形骸化
  • 外注が多く、内製が少ない組織で、ソフトウェアエンジニアをどうやって育てていけば良いのか?
  • 内製にシフトするなら、技術者のhiringも必須
  • 小さく始めて、大きく育てて勝つパターンを積み上げる
  • 段階的に内製開発にシフトしていく
  • 社内の特区、信頼貯金を使って展開していく
  • 内製を全然していない会社が、内製にシフトするためには4-5年かかる
  • 新人を育てるためにはどうしたらいいか?
  • 配属ガチャ
  • 技術力の高いエンジニア新人を孤立させない
  • 事業部内に閉じた情報流通
  • 全社Slackがないのはよくあるサイロ化
  • 技術者の横のつながりを維持する、リアルタイムコミュニケーションのチャネルを作る
  • 内製を始めるモードになったエンプラ企業はイメージ付けが必要
  • 技術者が社名を背負ってアウトプット
  • 大企業Hack
  • 意思決定層にこれからのソフトウェア開発に認識を改めてもらう
  • 組織やチームにノウハウをどうためて、育てていくのか?力を貯めるいいやり方?
  • 再現可能にするのが大事
  • 前提が違う、変動する中でソフトウェア企業としての強さを保つ
  • 公開し検索可能にすることが大事
  • URL重要
  • 心理的安全性の重要性
  • 価値観から行動原則、品質基準を考えていく
  • 経験していない場面にチェックリストは効かない
  • 誤っていたこと、失敗は良いチャレンジとして評価されるように
  • 社内でアンチパターンを共有できる組織は強い
  • 社内FailCon